第9号<特集 作品論−泉鏡花> 昭和58年11月10日発行

鏡花随想                      森安理文
鏡花文学の現代的意義−その評価の再認識をめぐって  村松定孝
鏡花文学の基底                   廣島一雄
「夜行巡査」「外科室」ノート            平山三男
「照葉狂言」                    高田芳夫
『辰巳巷談』−その新派劇的側面について       土倉広子
『湯島詣』小論                   竹内清己
『高野聖』論−その様式と素材            石内徹
「註文帳」                     佐藤郁子
憎悪愛の技法−「婦系図」小論            菊地久治郎
「草迷宮」論−<うぶめ>と<行動伝承>の発想から  有山大五
「白鷺」小論                    田中励儀
「国貞ゑがく」「女客」−たそがれ化への構図     安田義明
「由縁の女」試論                  牛山まほか
泉鏡花と徳田秋声                  安宅夏夫
高野山時代の谷崎潤一郎−『盲目物語』を中心に    永栄啓伸
<講演>谷崎潤一郎−人と文学            武智鐵二

書評
森安理文著『谷崎潤一郎−あそびの文学』       遠藤祐
千葉俊二編『谷崎潤一郎』              永栄啓伸
菊地弘著『芥川龍之介−意識と方法』         久保田芳太郎
高橋俊夫著『永井荷風と江戸文苑』          馬渡憲三郎
佐古純一郎著『太宰治と聖書』            伴悦
紹介
助川徳是著『漱石と明治文学』            坂本哲郎
矢島道弘著『相反する情念−坂口安吾の世界』     高野良知
高橋渡著『詩人論集 抒情の錘』           石田幸子
高田芳夫『詩との対話』               林恵子

第10号<特集 近代風狂論> 昭和59年11月10日発行

風狂論                          長谷川泉
「風狂」と近代文学                    森安理文
俳諧(芭蕉)と風狂−虚に居て実に遊ぶ           村松友次
中国文学と風狂−玩籍、その人と時代            松田稔
西欧近代文学風狂論                    橋口守人
岩野泡鳴−風狂は幻影か                  伴悦
永井荷風−少年期の漢詩「墨上春遊」を中心に        高橋俊夫
佐藤春夫の戦後恋愛詩                   太田浩
村山槐多                         岡保生
江口榛一                         神田重幸
宮竹外骨の文体寸言−「滑稽新聞」偶目           鈴木国郭
牧野信一                         久保田芳太郎
坂口安吾−底流としての風狂                庄司肇
深沢七郎−その風狂の位相                 矢島道弘
川崎長太郎                        大森澄雄
柴田錬三郎−風狂の眼眸                  青柳達雄
「風狂」語意考                      小野憲男
  ※
講演》泉鏡花−その人と文学               泉名月
泉鏡花「賣色鴨南蠻」論−その構造と様式          有山大五
川端康成「たんぽぽ」試論−生田伝説・三井寺伝承を中心に  森本穫

書評
長谷川泉著「川端文学の機構」−整序の美、倫理       竹内清己
笹淵友一編「物語と小説−平安朝から近代まで」       安田義明
竹内清己著「堀辰雄の文学」                勝又浩
鳥居省三著「異端の系譜」                 石内徹
山田昭夫編「鑑賞日本現代文学・有島武郎」         石丸晶子
紹介
大久保典夫著「物語現代日本文学史」            佐野和子
永栄啓伸著「谷崎潤一郎−資料と動向」           千葉俊二
星野光徳著「戦無派的立場とは何か」            石田仁志
五十嵐康夫著「久保喬=資料と研究」            石附陽子
越次倶子著「三島由紀夫−文学の軌跡」           有山大五
安宅夏夫著「金沢文学散歩」                木村洋子